スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOS Master Volume Controller

久しぶりにデスクトップマシンがメインになりましたが、ThinkPadと違って特別なボタンが付いてない古い106キーボードなので音量調整がとても面倒なことに気がつきました。音はモニターのスピーカーから出ているので、通常ですとモニターの音量ボタンをチマチマと押すか、タスクトレイのスピーカーアイコンで調整するしかありません。

何か音量の調整をホットキーに割り当てられる良いソフトはないかと探してみると、MOS Master Volume Controllerというソフトを見つけました。使ってみたところ、フィーリングがバッチリ。私にしては珍しく一発で気に入りました。
私はミュートをテンキーの「/」、音量を上げるのを「*」、下げるのを「-」に割り当てることにしました。テンキーの演算キーは使っていないので。
ホットキーを押すと、画面中央に音量が%表示され、この表示はレイヤーウィンドウになっており、透過にすることができます。表示はとてもシンプルで好感が持てます。タスクトレイにはスピーカーのマークと音量の百分率の数字で構成されたアイコンが表示されており、ミュート時にはスピーカーのマークが禁止マークに変わります。タスクトレイアイコンのコンテキストメニューからオーディオプロパティにアクセスすることもでき、これは普通のスピーカーアイコンは要らないなーと思いました。

作者さんに感謝。


<9月4日追記>
結局ホットキーの割り当てをミュートをテンキーの「*」、音量を上げるのを「+」、下げるのを「-」としました。当初は「+」キーが他のキーよりも大きいのはどうかと思いましたが、それでも見た目が分かりやすいので。
関連記事

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。