スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱対策

今日突然ですが、仕事中にノートパソコンの発熱が気になり始めました。いつもこんなに熱かったかと疑い始めると居てもたってもいられず、とりあえず応急処置として消しゴム2つで底面を持ち上げることにしました。しかし効果が感じられずいよいよ不安になりましたので、ネットで冷却グッズを検索してみたところ、「クールブリザード」というものが見つかり、使用した人の評判も良さそうでしたので、仕事が終わってから近くのパソコンショップに行ってみたところ運良く置いてありました。価格が3,290円で貧乏性の私は迷ったんですが、パソコンが壊れるよりはマシであろうと思い切って購入しました。

家に戻って早速使用してみたんですが、底面の温度は全体的に下がっている感じがするもののCPUの熱排気口のところは熱いまま変わりません。客観的なデータを得るためにCPU温度の表示ができるソフトを探してみたところ、「MobileMeter」というものがありました。測ってみるとなんと90℃もある!感覚的にはかなりヤバいと思いましたが、実際どのくらいが正常な温度なのか分からないので調べてみたところ、MYCOMジャーナルというサイトの『CPU仕様をすばやくチェック「Processor Spec Finder」』という記事でIntelのサイトで検索できることがわかりました。検索するとPentium 4-Mの1.8GHzは「Thermal Spec」が100℃とあり、この温度から10~15℃を引いたくらいが正常と書かれていました。ということは大丈夫?でも、こんなに熱い状態が続いて本当に大丈夫なんですかね?

そのまましばらく放っておいたところ、奥さんがやってきて「また何か買ってきたな」という目で見ているので、何か言われる前に「いやー、異常にパソコンが熱くてさー。壊れるといけないから冷やすの買ってきた。ちょっと触ってみてよ」と弁明。当然「これは熱いね」って賛同を得られると思っていたところ、「うん、まあ・・・」と微妙な反応。変だなと思って見てみるといつのまにか70℃切ってる。さらに放っておくと60℃も切った。結構CPU温度って上下するんですね。もしやこれが「クールブリザード」の威力なのか!?しかし、よくよく考えてみれば普段の温度(温度変化も)が分からないので、「クールブリザード」の効果も全く分からないですね・・・。orz

熱いと思ったその時にはそんなにCPUを酷使してる訳じゃなかったんですけど、その少し前にはVirtual PCを使ったりしてたので熱が上がって、その熱が逃げにくかったのかなー?それが少しは改善されたのかなー?

買う前に温度を調べた方が良かったのは間違いないですが、精神的な余裕が出来たのはまあ良かったかと思ってます。「クールブリザード」のファンの音は本体内蔵の冷却ファンと比べると結構大きいです。ただパワーを2段階切り替えられるので弱めれば若干マシにすることもできます。
関連記事

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。