スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPの高速化

OS再インストールしてスッキリしましたので、あまり速くないマシンを長く使うために高速化(最適化)を行いました。あまり大したことはやってないんですが・・・。

<画面の設定>
・画面のプロパティでWindowsクラシックスタイルにします。さらにシステムのプロパティのパフォーマンス→視覚効果でチェックを全て外します。

<動作設定>
・「Win高速化 PC+」というソフトを使用して自分に合った項目のみチェックして最適化します。ただし、どの項目がどのくらい効果があるのかは自分では分かっていません。(^^;
レジストリを直接いじったりするのは、再設定するときにどの項目をいじるのかをノウハウとして覚えておくのがイヤなのでやりません。昔のOSの時にはそうしてましたが・・・。

・「BootVis」を使用してXPの起動を高速化します。マイクロソフトのツールで、ハードディスク上のファイルを起動時の読み込み順で並び替えているようです。これは明らかに効果があります。ただ現在は理由は分かりませんが配布していないようです。

・システムのプロパティのパフォーマンス→詳細設定で仮想メモリのサイズを固定(最小値と最大値を揃える)にして、ページファイルの分断を防ぎます。

<不要なプログラムの停止>
・「システム構成ユーティリティ」を使用して不要なスタートアップ項目を無効にします。項目の内容が分からないときはネットで検索します。

・不要なサービスを無効または手動にします。サービスの内容について分からないときはネットで検索して慎重に行います。むやみに無効や手動にするとすぐには気がつかず、後でおかしな現象に遭遇することもありますので。「BootVis」はTask Schedulerが動いていないと駄目でした。

<最適化>
・「デフラグ」や「パーティションコマンダー」を使用して、ハードディスクの分断化を修復します。どちらが良いかは分かりません。「デフラグ」の分析画面での見た目上では、「パーティションコマンダー」の方がきちんと詰めてくれているような感じを受けます。「パーティションコマンダー」ではMFTという領域の分断化も修復することができます。
関連記事

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。