スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADEON HD不具合(続)

今日も『IME+』の仕様を考えつつ、ふとVirtual PC上でとある動作の確認をしようとしました。ところが・・・、Virtual PCの画面がいまだかつてないほどに乱れまくっているんです。カーソルを動かすと、それが残ってしまうなど、これはもはや実用に耐えません。別の方のブログで画面が出ていましたが、まさにこんな感じです・・・。orz
以前の記事で書きました私のPCでの症状は、ゲストPCのハードウェアアクセラレータの設定を1段下げることで回避できていました。しかし、今回のはそれが全く効きません。以前ネットで検索したときにも、RADEON+Virtual PCで描画の乱れが出てて使い物にならないって話があるのを確認してましたが、改めて自分のは軽い症状だったことを認識しました。(^^;

とにもかくにも、これでは仕事で使うときに困ると思い、焦りまくる私・・・。もはや『IME+』どころではありません。
急にこのような症状になったのは何か原因があるはず。何とか冷静にPCへの変更点を思い出していました。
思い返してみると、最近行った変更点は

・ディスプレイドライバを最新(8.8)にした
・Windows XP SP3を入れた
・「めもりーくりーなー」の使用をやめた

くらいでしょうか?ドライバーが最も怪しかったので、古いドライバーに遡って試していきましたが直りません・・・。orz
次にXPのSP3を削除してみましたが、これも効きません。orz
まさかとは思いましたが、再描画に寄与していたのかもと思い「めもりーくりーなー」を常駐させてみますが、これも効かず・・・。orz

一瞬気が遠くなりかけましたが、他のウィンドウを重ねたりすると、その場限りですが描画されているので、強制的に再描画させてやれば良いんじゃないかと思い、ちょこちょこっとテストプログラムを作ってみることにしました。(実は前から再描画が効くんじゃないかと思ってたんですが、設定で回避できてて実害がなかったので・・・。)

で、試しに作ってみたんですが、どうやら回避できてるっぽいです。具体的な処理としては、VPC2007のゲストPCのウィンドウに対して、100ミリ秒ごとにInvalidateRectを呼び出してるだけです。10ミリ秒でも呼び出してみましたが、他のVPC向けウィンドウメッセージの弊害となっている感じでしたのでゆっくり目に調整しました。で、テストコードで改善されるのを確認した後に、一応はアプリの形に新たに作り直してみたんですが、なんとその間にさっきまでのひどい症状が発生しなくなってる~~~。(^^; なんだこりゃ~?

ただ、元から出ていた微症状もハードウェアアクセラレータの設定をせずに回避できてるので、回避プログラム自体は効いているものと思われます。

というわけで、もし同様にお困りの方がいらっしゃいましたら、よろしければお試しください。私自身、ちょっと試してみただけですし、別の弊害が出ないとも限りませんが、事実上使用不可能な症状が出ている場合には使ってみる価値があるかもしれません。もちろん私は責任は取れません。(^^;
こちらからどうぞ。あくまで暫定的な処置ですし、もし効かなくてもあしからず。

<2009/01/31追記>
こちらで試した感じではCatalyst 9.1で、Virtual PCの描画が改善されているかもしれません。
暫定プログラムよりも、まずはそちらをお試し下さい。
参考記事:「RADEON HD不具合(解消?)」
関連記事

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。