スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerShot G9を使ってみる・その5

先週末に香嵐渓に行ってきました。写真については詳しく語れないので、いつも通り使い勝手中心に(だらだらと)感想を書こうと思います。
香嵐渓へはここ何年かずっと行っていたのですが、今年は体調が悪く、遠くへ出かける気力がなかなか湧きませんでした。しかしG9で紅葉を試し撮りしたいという欲求が勝り、意を決して出かけることにしました。(^^)

sIMG_1763.jpg



忘れ物をすると台無しなので、念入りに気をつけて以下のものを車に載せて持って行きました。

・G9
・SDメモリ(2GB+1GB)
・予備バッテリー1個
・充電器
・LENSMATE製コンバージョンレンズアダプター(ラバーフード付き)
・純正コンバージョンレンズアダプター
・C-PLフィルター
・プロテクトフィルター
・三脚(ULTRA LUXi F)
・ショルダーバッグ(カメラ用じゃない普通の)
・フィルターケース
・NG1151
・カメラ用の手袋(指先が切れてるヤツ)

朝6時半くらい(だったかな?)に出て8時半頃に着きました。ネットの情報では紅葉はすでに10日以上前にピークを迎えているとのことでしたが、メインの駐車場はこの時間でも既に満車でした。余裕だと思っていたのでちょっと焦りました。(^^; シーズン中は個人貸しの臨時駐車場がたくさんあり、そちらの方が安いんですが、どういう環境で止められるか分からなかったり、鍵を預けないといけない場合もあるので、少し高いですが公共(?)の駐車場に止めました。こちらも既にほとんどいっぱいになってました。本当は太陽が昇り始めるちょっと前くらいにここに着いているのが人も少なくて理想なんですが、今回は体力的に厳しかったです。

実際に車から持って行ったのは以下のものです。

・G9
・SDメモリーカード(2GB+1GB)
・予備バッテリー1個
・LENSMATE製コンバージョンレンズアダプター(ラバーフード付き)
・C-PLフィルター
・プロテクトフィルター
・三脚(ULTRA LUXi F)
・ショルダーバッグ(カメラ用じゃない普通の)
・フィルターケース
・カメラ用の手袋(指先が切れてるヤツ)

香嵐渓は陽が当たりにくい暗い場所も多いので、三脚も持って行くことにしました。この日に備えてOP/TECHの三脚ストラップを購入しておきました。先にこのストラップの感想を書いておきますと、持っているのを忘れるくらい楽でした。ULTRA LUXi F自体、軽い部類だと思いますが、それでも何も無しに持ち歩くのは厳しいものがあります。付属のケースからいちいち出すのも面倒ですし。移動が多い場所では、この三脚ストラップはなかなかお勧めです。でも今回、香嵐渓では三脚は使いませんでした。他のカメラマンたちの立派な装備に尻込みした以外にも、 軽くて本当に持ってるの忘れてまして。(^^;

この時期、朝早くですと手が本当に冷たくて痛くなるほどです。こんなときにはカメラ用の手袋が重宝します。指先が切れており、布の部分も薄手で滑り止めが施してあります。

当初、コンバージョンレンズアダプターを2つ持ち歩いて、それぞれにC-PLフィルターとプロテクトフィルターを予め取り付けておき、必要に応じてコンバージョンレンズアダプターごと交換することを目論んでいましたが、以前一度だけ試してみたときにキャップの取り外しに手間取ったり着け忘れたりしがちだったのと、ショルダーバッグ内で転がって邪魔だったので今回は1つだけ(LENSMATEの方)にしました。今のところラバーフードも一方にしか着いてないというのも理由の1つです。

さて、川沿いに歩いて行ってみると、かなり紅葉が進んでいて真っ赤っかというよりちょっと枯れ始めてます。そして、朝陽を浴びた紅葉を裏側から狙う立派なカメラと三脚を持った人々がいっぱいです。ちょっといきなりビビりました。(^^;

sIMG_1781.jpg


ちなみに私はいろんな色が混ざってるのが好きです。

sIMG_1731.jpg


よく見たら電柱やら電線も混ざってましたが・・・。orz


休日でしたが、やはりピークをかなり過ぎているせいか、いつも来るときよりも人が少ないように感じました。いつもでしたら露店が並ぶ辺りや橋の上では、すれ違うのも大変なくらいの人ですし。それでもここだという場所ではカメラマンたちが陣取っておりまして、また景色の中に中途半端に人もいますので、景色のみを撮るにしても観光客も含む観光地を撮るにしてもなかなか微妙な状況でした。まあ今回試し撮りのつもりでしたので必死に粘るようなこともなく、撮れるところを撮ってきました。


G9ですが、やはりコンパクト。特にコンバージョンレンズアダプターを着けない状態であれば、こちらも気負わずに気軽に撮ることができます。逆に言えば、背面液晶を見ながらの撮影で気負って撮るのは難しかったです。背面液晶についてですが、実は別の保護フィルムを貼り直しました。最初のはどうやらエツミのプロガードという製品だったようです。反射がキツくて日中に日差しが強いとほとんど見えません。今回はハクバのG9対応ののものを買ってみました。エツミのものよりはずいぶんマシですが、やはりA1ではEVFだったのでつらいものはあります。マットタイプのものならもっと良いんでしょうか・・・。

紅葉のアップでフォーカスが合いにくい場合には、マニュアルフォーカスが重宝します。

sIMG_1724.jpgsIMG_1791.jpg

猿回しをやっていましたので、輪くぐりのときにはMFで予めフォーカスを合わせておき、さらにマニュアル露出で露出も固定しておいてシャッターチャンスを逃さないようにしました。これで連写が速ければ良いんですけど、G9の連写はかなり遅いので難しいです。でもその難しい中で撮るのも、なかなかチャレンジ精神を刺激されます。ま、結果的には大した写真は撮れなかったわけですが・・・。こういうのは経験ですので・・・。(^^;

sIMG_1758.jpg


ハンドストラップを付け、グリップ部とサムレスト部に滑り止めを貼り付けたおかげで、終始安心して撮影することができました。バッテリーの保ちに関してはやはりあまり良くないようです。特に背面液晶を見ながらゆっくり構図を考えたり、何度も撮った画像を確認したりする使い方ですと100枚撮れればいい方かもしれません。まったりと一杯撮りたいなら予備が1つでは足りないかもしれませんね。次回からは手ぶれ補正の設定を撮影時のみにしてみようと思います。しかし、G9の手ぶれ補正設定のアクセス性の悪さが気になります。A1のように手ぶれ補正専用ボタンとは言いませんが、せめてメニューの一番上の方に持ってきてくれていれば。手ぶれ補正の設定内容には「流し撮り」などがあるわけで、他の設定項目よりも頻繁に変更する可能性があると思うんですよね。ここは結構残念な点です。ショートカット登録もできないですし。 ちなみに一番電力が必要そうな液晶をOFFにしているときには、コンティニュアスAF(半押ししてないときもAFを合わせ続けて高速化)は自動的に止まっているようです。(←液晶OFF時にAFの音が消えるので。)この辺は頭が良いですね。

操作性に関してはこれまでも散々褒めてますが、もうコンパクトとしては十分なんじゃないかと思います。完璧とは言いません。でもこのサイズと価格でここまで頑張ってくれれば、あまり文句が言えません。他のコンパクトカメラも頑張って欲しいものです。

ラバーフードについて・・・、今回使いませんでした。(^^; あとから写真を見て使えば良かったと思うのがいくつかありました。一番気になるのはゴースト(?)です。あまり詳しくないので正しいかどうか分かりませんが、逆光時の写真に緑色の小さい丸い形をしたゴースト(?)が出ます。個体差もあるかもしれませんが、私のG9は出ることがあります。これが薄い色じゃなくて結構濃く出ますので以前から気になってました。コンバージョンレンズアダプターを持っているときには、出来るだけフードを使うように気をつけてみようと思いました。無理な改造をしてるので、効果は落ちてるでしょうけど・・・。 (^^;

sIMG_1730.jpg


フレア(?)もあんまり綺麗じゃなかったですね。

下の2つは露出オーバーでした。RAWで撮ったので調整してマシになってます。(左のは香嵐渓に行く途中で撮りました。)
瓦や屋根裏の質感がA1の時よりずいぶん綺麗に思えました。

sIMG_1719.jpg
 sIMG_1735.jpg


結局、足りないのはセンスと技術なんですよね。orz もちろん、よりダイナミックレンジが広くて、ノイズが少なくて、階調が豊かであるに超したことはありませんが、現時点でのコンパクトデジカメとしては非常にバランスが良いなーと思います。 実は一眼レフへの欲求が高まってますが、幸い今お金が無いので買えません。いつか一眼レフを買うその時まで、G9で練習して腕を磨きたいと思います。


この時期の香嵐渓で必ず食べるソーセージ。美味いです。今年は一人で行ったので、家族の分と実家の分をおみやげとして買いました。

sIMG_1750.jpg


香嵐渓とその他で90枚近く撮りました。もちろん要らないのは消しながらなので100枚以上撮ったと思います。A1を使い始めたときのように何を撮っても面白いってのは無くなりましたが、じっくり自分が撮りたいものを探すってのも楽しいものですね。(^^) これでもっと上手くなればなー。上手くなりたいなー。

今回の写真はすべてRAWで撮ってSILKYPIX3.0で現像しています。

sIMG_1760.jpg

sIMG_1753.jpg

sIMG_1752.jpg

sIMG_1780.jpg

sIMG_1782.jpg

sIMG_1784.jpg

関連記事

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。