スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerShot G9を使ってみる・その3

G9を持って、久しぶりに一人で写真を撮ってきました。少なくとも4月に引っ越してからは一度も行っていませんでした。一人で落ち着いて撮ってみて分かったことなどを書きます。写真が上手いわけでも、カメラに詳しいわけでもない私の感想ですので、その点をご承知の上でご覧ください。(^^)

G9+コンバージョンレンズアダプター+ラバーフード


■撮影準備
昨日の夜、どこに行こうかと考えましたが、やはり目まいの不安があり、車である程度の距離を運転するのは怖いので電車で行けるところにしました。以前住んでいた街のお城がある公園です。撮り慣れてるところで撮ることでA1との違いが分かるだろうと考えました。朝、自転車で駅まで行き、そこから電車に乗って行ってきました。

昨晩はどんな装備で行こうか迷いましたが、公園から出て街中(とっても田舎ですが)にも行くことも想定して三脚はやめることにしました。

・普通のバッグ
・カメラ
・SDメモリ2GBと1GB
・予備バッテリー
・PLフィルター
・コンバージョンレンズアダプター
・ラバーフード
・フィルターケース

テレコンも試してみようかと迷いましたが、バッグに入れてみたら重かったのでやめました。(根性無し。)実際に移動してみると、やはりG9はA1と比べて軽いので楽です。(^^)

コンバージョンレンズアダプターとラバーフードは基本的に着けっぱなしでした。単にその方が雰囲気が好きで、やる気になりそうだからです。PLフィルターを使うときには、カメラ→コンバージョンレンズアダプター→PLフィルター→ラバーフードの順に取り付けます。前に書きましたが、残念ながらこの組み合わせは広角側でケラれます。3:2のガイド以上にケラれます。ケチらずにケンコーの広角対応のを買っておけばひょっとしたら良かったのかなーと思いました。

今回はRAWオンリーです。もう今後も基本的にRAWオンリーです。JPEGよりもRAW+SILKYPIXの方が白飛び耐性、暗部の色の保持、ノイズ処理の点において遙かに優位に感じているからです。またJPEGでは設定を変えても軟調にできなかったのも理由の一つです。

あと今回の撮影で気をつけようと考えていたことは露出です。A1の時から「RAWはアンダーで」と頭から決め込んでいましたが、どうも室内でのテスト撮影の傾向を見るとG9はISO80であっても暗部にノイズが乗りやすく、逆に暗い部位であっても、三脚を使用して露光時間を確保して明るく撮ってみると意外なほどノイズが少ないことが分かりました。説明書には1.3秒以上はノイズリダクションが働くとありますが、RAWデータにも影響しているのかどうかは不明です。
そんなわけで撮る対象が適正な露出となるよう気をつけた上で、写真として破綻しそうな白飛びが起きそうなときにはアンダー気味にすることにしました。(ひょっとして基本?)
液晶画面上に見えるある程度の白飛びは、SILKYPIXのダイナミックレンジ拡張などの機能でそれほど不自然にならずに処理できそうな感触もあったので、A1の時の感覚よりも少し露出を高めにするよう気をつけることにしました。


■やはり満足できる操作感
実際に使ってみて、さすがに私自身が不慣れな部分はありますが、やはり基本的に満足がいく操作性です。前に書いたAFフレーム選択ボタンと露出ボタンの位置ですが、考えが変わってこのままの方が良いと感じました。というのも、AFのモードをいろいろ試した結果、現在はAFフレームモードをアクティブ(フレームサイズ小)にしていて、このモードではAFフレーム選択ボタンを押した後、コントロールホイールをクルクル回すとAFフレームが横5×縦3の計15点間を素早く移動してくれるからです。矢印ボタンを押すと、それぞれの位置から細かくAFフレームを移動できます。また、AFフレーム選択ボタンを長押しすると中央に戻ります。この機能が思いの外、便利に感じられ、露出補正よりも優位であっても良いかなーと思った次第です。

フォーカスについてですが、セーフティMFという機能があり、MF時にはシャッター半押しまたはAFフレーム選択ボタンで微妙なピント合わせを行うものなんですが、これが結構使える気がしています。最初AFでシャッター半押ししてある程度合わせておいて、MFボタンを押してMFモードに切り替えます。そうしておけば、例えば座っている子供や狙った葉っぱなどから、大きくピントを外す可能性が減ると思われます。ただ、シャッター半押しでMFボタンを押すのが厳しいですが。(^^;

AF速度はA1よりも良いように感じます。特に少し暗いところで速度に差があるかもしれません。AF補助光が付いたカメラが初めてなので、部屋を真っ暗にしてもフォーカスが合うのは感動的でした。精度もA1より良い感じがします。
MFに関しては、接写などで無い限り、G9ではかなり厳しいです。A1の様にもう1段階拡大できれば良かったのになーと思います。G9ではMFでだいたい合わせてセーフティMFの方がスムーズに行きそうです。

使用中の節電モードへの入り方、復帰の仕方に関しても違和感は感じませんでした。(ただしあまり気にしていなかったので、縦横検出によるDISPLAY OFFの解除が発生していたかどうかは不明です。)むしろ、DISPLAYボタンを積極的に押すようにしてましたが、面倒かと思いきや意外に苦になりませんでした。液晶OFF時、鏡筒が出っぱなしですが、コンバージョンレンズアダプターによって保護されているので安心です。(^^) これはあとから思ったことですが、私は1分で液晶OFF、3分で節電モードに設定していますが、液晶をOFFにするクセがあるなら節電モードに突入・復帰する度に鏡筒を出し入れするのと、節電モードに入らないようにするのとどっちが自分にとって良いのかなーと思いました。
あと液晶OFF設定を1分にしてますが、今までの経験では三脚に乗せて構図を考えてるときに切れて何度かイラっと来ました。この辺の設定は見直してもいいかもしれません。

撮影中、意図せずに連続撮影になってしまうことが何度かありました。これまでも何回かあったんですが、私のクセで気づかないうちにシャッターがバウンドしているのかもしれません。少なくともA1では起きたことがないので、これはちょっと気になる点です。シャッター自体は押しにくいとかは無いです。シャッター音も気に入っています。(^^)

あるシチュエーションで撮影前の画面よりも撮影後の画像が明るくなってしまうことがあり、おかしいなと思って取り直そうとしてみると、明るすぎてシャッター速度が限界値になっていました。A1では1/16000秒のシャッターが切れますので、そういうことは無かったように思います。G9の場合ですと、NDフィルターが内蔵されてますのでそれを利用して撮影しました。NDフィルターを持ち歩かなくて済むのは良いなーと感じました。

バッテリーの持ちですが、今回おそらく消したものも含めてせいぜい90枚くらいじゃないかと思います。フラッシュは使用してません。いろいろ試しながら、また何度も再生はしました。だらだら撮影してますし、液晶が大きいのでこんなものかもしれません。予備があるので、操作になれてきて、あと節電に気をつければ何とか1日(朝から夕方まで)持つでしょうか。


■できあがった写真は・・・
今回、撮り慣れた場所での撮影、その後のRAW現像を行ってみて、画質的にA1より劣る点は感じられませんでした。できあがった画はA1よりもクリアです。ノイズが少ないせいかもしれません。画素数が多いのでトリミング加工もしやすいです。ダイナミックレンジに関しても2/3インチ500万画素のA1に劣るようには感じられません。(ただしSILKYPIXのバージョンが違う影響はあるかもしれません。)全体としてG9の方が遙かに良い画に感じられます。操作感、質感はA1の方が上に思えますが、画質はG9の方が上だと思われました。A1の出番はかなり減りそうです。
ただ、1点気になったのは「倍率色収差」というものが強く発生する場合があります。A1の時には気にしたり、気になったことが無かったんですが、これが目立つ場合があります。
SILKYPIXに補正機能がありますが、強く出ている場合には補正しきれませんでした。

これだけ小さくてこれだけの高画質なら、またしばらく一眼レフを買わなくても良さそうだなと思いました。お金もないことですし。(いつかは欲しいんですけどね。まだ一度も買ったことがないので。)D300とかE-3なんかが私には魅力的に見えますが、重いカメラを持ち歩くのって大変そうですよね。もっとコンパクトで高級感がある一眼レフが出ないかなー。
G9はスタイルについても、コンバージョンレンズアダプターとラバーフードを着けたことでさらに満足できました。ケラれは対策しましたのでまた書きます。

↓JPEGだと急激な白飛びを起こしそうなのを中心に集めてみました。G9 RAW+SILKYPIX3.0です。小さいですが。
G9 RAW+SILKYPIXサンプル


関連記事

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。