スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てられないもの・その2

<前回の話>
捨てられないもの

以前、「捨てられないもの」という記事を書きましたが、自分としてはどちらかというと捨てることができる人間だと思っています。それでも当然、使っていなくても捨てられないものはあって、やはりプログラム書籍だとかパソコン関係のものが多い気がします。
1つ前の記事で『3日で運がよくなる「そうじ力」』という本を買ったと書きましたが、これがなかなか面白くて買ったその日の睡眠前に読破しました。自分で漠然と考えていたこともきっちりとまとめて書かれていて、改めてそうだなーと思ったり、なるほどなーと思わされることがほとんどでした。(若干表現が宗教っぽい気がして個人的には好みでないのですが、まあ掃除も極めれば宗教なのかもしれません。)
その本によれば、不要品は「マイナスのエネルギー」を発しているそうで、マイナスをどんどん捨てていくことで幸せになれると書かれています。
たしかに不要品がたくさんあると、それを見るたびに後ろ向きな考えになりがちで、何か新しいことを始めようという気持ちになりにくいような気がします。そこで早速、週末に少しずつですが物を売ったり、捨てたりすることにしました。

そしていよいよ手を着けていなかったパソコン関連も処分を検討することにしました。(まだ処分してないです。)

・使わないメモリ(いつか使うかもと思い、取ってあった。)
・古いMSDNのCD-ROM(新しいものに含まれてない物もあるかもしれないと思い、取ってあった。)
・パソコンやプリンタなどの段ボール(売るときに見栄えが良いかと思い、取ってあった。)
・8倍速CD-ROMドライブなどのDOS/Vパーツ(いつか使うかもと思い、取ってあった。)

前述の本には捨てる際のポイントがいくつか書かれており、その中に「いつか使うかも」というものは捨てるようにとあります。(※ただし、なくなったらつらいものは残すとも書いてあります。)
押し入れの中を散策してみると、見事に「いつか使うかも」のパターンで残してある物がたくさんありました。
感覚的には分かっていても、きっかけが無いとなかなか決断はできないもの。わりと安い本なので、うまく整理できない人には良い本かもしれません。

これらがしまってある押し入れの中に、未完成のガンダムのプラモデル(パーフェクトグレード)があります。箱がデカいので結構邪魔です。実に購入は2001年。これまで3度ほどやる気になってできたのが、コアファイターと頭と肩(右?左?)の一部だけ・・・。orz

「いつか作る」、「捨てるのももったいない」と思い、ずっと取ってあるんですが完成できるのかなー?

そもそも完成してもプラモデルを飾っておく趣味は私には全くない訳なんですが・・・。orz

作りかけのガンダム

スポンサーサイト

整理整頓

どうもやる気が出ないです。
最近、整理整頓とか掃除にハマってしまって暇なときにはそんなことばかりしています。そっち方面ではやる気があるって事ですが。
OS再インストールしてクリーンになり、ノートパソコンの内部を清掃し、今度は住居が気になったってことでしょうか。

これまで突っ張り棚で済ませていた収納にルミナスという金属棚で天井突っ張りタイプのやつを設置しました。突っ張り棚を3つ付けてたんですが、時々落ちるんですよね。あれって結構圧力があるので1個付けた後に別のを付けると、最初のが緩くなってるのかもしれません。
それに比べると金属棚は、ある程度重いものも置けるので良いですね。組み立ても簡単でした。

押し入れ下段には押し入れ用のキャスター付きの本棚を入れました。ネットで検索するといくつか出てきます。買ったものは高さが微妙で3段は使い切れません。1段はどうしても本が入らない高さになってしまうのが残念でした。2つで送料込み4,800円くらいだったので、まあ文句は無いです。電動ドライバーが無いと組み立てはキツい(疲れそう)かもしれないです。

部屋の照明も換えてみました。ナショナルのツインPaの安いやつです。6畳の部屋に6~10畳用にしました。明るさ調整が細かくできるので、8~12畳用の方が良いかと思ったんですが、デザインと値段が折り合わず安いのにしました。使ってみてやっぱりもうちょっと明るくできると良いかなーと思ってます。

さらに空気清浄機を買いました。鼻炎が結構ひどいので、ちょっとでも症状が良くならないかなーと。価格.comや2chを見て三菱のMA-806にしました。店頭でダイキンの人と思われる販売員の話を聞いて、ちょっと心が揺れましたが、メンテナンスの簡単さとランニングコストを考えてやめました。
三菱のやつですが、デザインは正直イマイチですね。何か「薄い小型冷蔵庫」って感じがします。部屋に置いてあるものの中でも際だって白いので、どうにも目立ちます。使ってるときは常に部屋の中の空気が動いている感じがします。冬は少し寒いかもしれませんが、暖房の熱が隅々まで行き渡る効果もあるような気がしています。音は静かだと思います。

さっき『3日で運がよくなる「そうじ力」』って本を買ってしまいました。結構売れてるみたいです。

環境が良くなってやる気が出ると良いなー。

熱対策・その後2

<前回までの記事>
熱対策
熱対策・その後

前回までの記事で、ノートパソコンが高熱を出している事に気づき、慌てて「クールブリザード」なる冷却グッズを購入したものの効果が感じられず、結局排気口からエアダスターを吹き付けたら大量の埃が吸気口から出てきて、結果CPUの温度が下がったことを書きました。
しかし、その後もネットで調べていると、排気口からエアダスターを吹き付けると内部に埃が散らばるという情報を見つけてちょっと気になりました。

それに加えて、そもそもエアダスターで届かない部分にどのくらい埃が溜まっているか気になったこと、液晶のバックライト交換に関心があり、その途中まででも体験しておきたいという思いもありましたので、この際、意を決して開けてみることにしました。と言っても、これまで使ってきたPC110、240X、T21に比べれば遙かに大きいA31ですのでそれほど繊細なものでは無いだろうとは考えていました。

まず予めこちらから保守マニュアルを入手して別のPCで表示しておきました。こういうマニュアルが簡単に手にはいるのはThinkPadの良いところですね。キーボードを外し、キーボードの外枠を車のプラスチック製の内張剥がしを使って慎重に外しました。変なところに力を入れると爪などが折れたりすることもあるので怖いです。すぐに基盤が見え、やはり砂状の埃が積もり、さらには綿状の埃がちらほらと見つかりました。隙間にエアダスターを吹き付けると埃が出る出る。(ちょっと良い気持ち。)ウェットティッシュやカメラ清掃用のブラシ、エアダスターを使って綺麗にしていきました。冷却ファンやヒートシンクの固まり(ファンアセンブリ)を外すかどうかを迷いましたが、グリスも昔使ったのがありましたし、高熱でグリスが乾いているかも知れませんので外すことにしました。ヒンジカバーとネジをいくつか外すとファンアセンブリが外れました。すると、CPUとビデオチップの間あたりに直径2cmほどの黒く湿った粘着質の埃の固まりが!他にも取り切れてない埃があちこちにあったので開けてみて良かったです。しかもやはりCPUのグリスが乾いていて塗るべきところの周りにしか残っていませんでした。基盤を傷つけないようにそおっと少しずつ埃を取り除いていきました。背面の端子の裏側などの汚れも取り、さてファンアセンブリを元に戻す前にグリスを塗り直そうかと昔自作に使ったグリスのチューブを開いてみると・・・、白い部分と液体が分離してる・・・。orz
えっと・・・、グリスってこんなのだったか?思い出せず怖かったので、結局近くのパソコンショップに買いに行き、新品のグリスを塗っておきました。(グリスに使用期限ってあるのかな?混ぜれば良いだけだったのかな?)塗り方を調べましたが、結局のところ薄く塗るってどのくらいのことなのかよく分からないので、勘で塗っておきました。(この点がちょっと心配)

さて、バラした部品を元に戻して再度パソコンを起動して見るとなんと38℃しかない!とりあえずグリスの塗り方のせいで悪化しているって事はなかったので一安心。まあ、気温が違うので一概には言えませんが、その後も安定した温度を保っており、高負荷時にも60℃を超えることが無いので問題ないでしょう。それにハードディスクの温度も3℃ほど下がりました。やっぱり開けてみて良かったです。しかし埃ってあんなに溜まるもんなんですね。そういえば昔デスクトップPC使ってたときも溜まってたなー。

今回程度ならバラすのも結構簡単でしたし、今後はもう少しCPU温度とかハードディスク温度に注意して、時々は掃除しようと思いました。クールブリザードは・・・、きっと夏には役に立ちますよね!(^^;

MobileMeter

熱対策・その後

<前回の記事>
熱対策

さて、慌てて購入した「クールブリザード」の効果を見るために、CPUに負荷を掛けるテストを行ってみました。CPU使用率が100%近い状態を長く続けるとどうなるか?「MobileMeter」の設定画面にあるACPI温度というところを見ると、システムシャットダウンが発生する「クリティカル温度」が94.0℃、発熱を抑えるためにCPU速度を調整する「パッシブ冷却温度」が88.5℃と出ています。
つまり、88.5℃を超えるような状況になるとパフォーマンスが落ちることになり、せっかくのCPUパワーを生かし切れず損をしていることになります。

実際に試してみたところ、CPU温度はどんどん上がっていき、ついには91℃まで上昇。「クールブリザード」効いてないじゃん・・・。orz
すると1.8GHzのはずの周波数が1.2GHzに調整されてしまいました。しばらくすると速度調整のおかげで86℃くらいまでクールダウン。するとまた1.8GHzまで回復。そして90℃越え。以下ループ・・・。1.8GHzになるとすぐに温度が上がるので、1.8GHzのパワーを発揮できる時間が短い。orz
そんなバカな・・・。(T-T)
こんなことってあるの?最近のパソコンってこんななの?(最近のじゃないけど)

もっと強力な冷却装置を買えば良かったと若干後悔しつつ、残念な気分でノートパソコンを閉じ、何気にエアダスターを少しだけ疑ってた排気口のところにシュー。

ぶわッ!!!

背面の吸気口側からすごい埃が!(そんなところに吸気口があったのね・・・。)念入りに何度も何度も細いストローを奥まで突っ込み、シュー、シュー。

ぶわッ!ぶわッ!

こんなに埃が溜まっていたなんて。まさかこのせいだったんじゃないかと再びパソコンを起動してみると、CPU温度が50℃しかない。50℃ってこれまで見た中の最低よりも10℃くらい低い。
これで負荷テストをやってみたらどうなるんだろう?と思い、先ほどと同じ負荷を掛けてみたところ60℃くらいから上がらない!(「ブリザード」は付けても付けなくても同じ温度。orz )

もう、うれしいのやら悲しいのやら・・・。orz

そしてこれを書いているただいまのCPU温度は47℃。
3,290円の勉強代でした。(T-T)
「クールブリザード」は一日にして単なるThinkPadを傾ける台と化しました。まあ、これはこれで結構打ちやすい気はしますけどね。(^^;

あー、しかしいつからこんな状態だったんだろう。Virtual PCやら写真の現像やらMPEGのエンコードやらの時にはずいぶん損をしていたに違いない。
これからはジャマに思わない限りは「MobileMeter」を画面上に表示しておこうかと思いました。

あと、念のために一度ThinkPadを開けてみてクリーニングしてみようかな。
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。