スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱対策

今日突然ですが、仕事中にノートパソコンの発熱が気になり始めました。いつもこんなに熱かったかと疑い始めると居てもたってもいられず、とりあえず応急処置として消しゴム2つで底面を持ち上げることにしました。しかし効果が感じられずいよいよ不安になりましたので、ネットで冷却グッズを検索してみたところ、「クールブリザード」というものが見つかり、使用した人の評判も良さそうでしたので、仕事が終わってから近くのパソコンショップに行ってみたところ運良く置いてありました。価格が3,290円で貧乏性の私は迷ったんですが、パソコンが壊れるよりはマシであろうと思い切って購入しました。

家に戻って早速使用してみたんですが、底面の温度は全体的に下がっている感じがするもののCPUの熱排気口のところは熱いまま変わりません。客観的なデータを得るためにCPU温度の表示ができるソフトを探してみたところ、「MobileMeter」というものがありました。測ってみるとなんと90℃もある!感覚的にはかなりヤバいと思いましたが、実際どのくらいが正常な温度なのか分からないので調べてみたところ、MYCOMジャーナルというサイトの『CPU仕様をすばやくチェック「Processor Spec Finder」』という記事でIntelのサイトで検索できることがわかりました。検索するとPentium 4-Mの1.8GHzは「Thermal Spec」が100℃とあり、この温度から10~15℃を引いたくらいが正常と書かれていました。ということは大丈夫?でも、こんなに熱い状態が続いて本当に大丈夫なんですかね?

そのまましばらく放っておいたところ、奥さんがやってきて「また何か買ってきたな」という目で見ているので、何か言われる前に「いやー、異常にパソコンが熱くてさー。壊れるといけないから冷やすの買ってきた。ちょっと触ってみてよ」と弁明。当然「これは熱いね」って賛同を得られると思っていたところ、「うん、まあ・・・」と微妙な反応。変だなと思って見てみるといつのまにか70℃切ってる。さらに放っておくと60℃も切った。結構CPU温度って上下するんですね。もしやこれが「クールブリザード」の威力なのか!?しかし、よくよく考えてみれば普段の温度(温度変化も)が分からないので、「クールブリザード」の効果も全く分からないですね・・・。orz

熱いと思ったその時にはそんなにCPUを酷使してる訳じゃなかったんですけど、その少し前にはVirtual PCを使ったりしてたので熱が上がって、その熱が逃げにくかったのかなー?それが少しは改善されたのかなー?

買う前に温度を調べた方が良かったのは間違いないですが、精神的な余裕が出来たのはまあ良かったかと思ってます。「クールブリザード」のファンの音は本体内蔵の冷却ファンと比べると結構大きいです。ただパワーを2段階切り替えられるので弱めれば若干マシにすることもできます。
スポンサーサイト

XPの高速化

OS再インストールしてスッキリしましたので、あまり速くないマシンを長く使うために高速化(最適化)を行いました。あまり大したことはやってないんですが・・・。

<画面の設定>
・画面のプロパティでWindowsクラシックスタイルにします。さらにシステムのプロパティのパフォーマンス→視覚効果でチェックを全て外します。

<動作設定>
・「Win高速化 PC+」というソフトを使用して自分に合った項目のみチェックして最適化します。ただし、どの項目がどのくらい効果があるのかは自分では分かっていません。(^^;
レジストリを直接いじったりするのは、再設定するときにどの項目をいじるのかをノウハウとして覚えておくのがイヤなのでやりません。昔のOSの時にはそうしてましたが・・・。

・「BootVis」を使用してXPの起動を高速化します。マイクロソフトのツールで、ハードディスク上のファイルを起動時の読み込み順で並び替えているようです。これは明らかに効果があります。ただ現在は理由は分かりませんが配布していないようです。

・システムのプロパティのパフォーマンス→詳細設定で仮想メモリのサイズを固定(最小値と最大値を揃える)にして、ページファイルの分断を防ぎます。

<不要なプログラムの停止>
・「システム構成ユーティリティ」を使用して不要なスタートアップ項目を無効にします。項目の内容が分からないときはネットで検索します。

・不要なサービスを無効または手動にします。サービスの内容について分からないときはネットで検索して慎重に行います。むやみに無効や手動にするとすぐには気がつかず、後でおかしな現象に遭遇することもありますので。「BootVis」はTask Schedulerが動いていないと駄目でした。

<最適化>
・「デフラグ」や「パーティションコマンダー」を使用して、ハードディスクの分断化を修復します。どちらが良いかは分かりません。「デフラグ」の分析画面での見た目上では、「パーティションコマンダー」の方がきちんと詰めてくれているような感じを受けます。「パーティションコマンダー」ではMFTという領域の分断化も修復することができます。

DVD-Video作成

先日、溜まってきたデジカメ写真と子供の成長記録ムービーのバックアップ用にDVDドライブを購入したところ、DVD MovieWriter 4.7 SE~というDVDオーサリングソフトと呼ばれる類のものが付いてきましたので、せっかくなのでそれを使ってDVDプレイヤーで見られるようなDVD-Videoの作成に挑戦してみました。

ムービーは最初はDiMAGE A1というデジカメの動画機能で撮っていたんですが、ピントが合わなかったりノイズが多かったりしたので、1年半ほど前にパナソニックのSV-AV100というMPEGムービーカメラを購入してそちらで撮るようになりました。税込み49,800円でしたので結構お買い得だったとも思います。このカメラはSDメモリにMPEG2で記録を行うため割と綺麗だとは思うんですが、その分だけ容量を必要とします。付属品の512MBのものでは何と10分しか撮ることができません。orz
現在ではSDメモリカードも(純正以外は)安くなり、2GBのもので40分撮影することができます。
こうして子供が生まれてから撮りためたものが15GBくらいになってました。1回1回は短い録画時間なのでファイルがたくさんあります。

私がやりたかったことは、

・たくさんあるファイルを月別に結合し、ファイルとファイルの間にチャプターとフェード効果を設定したい
・各ファイルの始まりに日付を入れたい

ってことだったんですが、このソフト、非常に操作が分かりづらい。慣れなのかも知れませんが、

・設定を適用するためのボタンに対して、どのテキストボックスやチェックボックスなどの設定が適用されるのかが、コントロールの並び順やグループ化がおかしいために分からない。
・どのオブジェクトに対して何ができるのかがさっぱり分からない。
・ツールチップの説明はコントロールのラベルを言い直しただけ。
・ヘルプに必要なことが載っていない。(ヘルプとは別にこのドライブ付属のDVD MovieWriter用のPDFマニュアルが付いていて、そちらは比較的分かりやすいが、特に分からない設定項目などの解説がなぜか抜けている)
・テキストのスタイルをコピーできない。その上、フォント、色、サイズ、影の設定が1つのタイトル内で保持されるもの、ムービー内で保持されるもの、全く保持されないものでバラバラで、同じスタイルのものを追加していく作業がかなりつらい。

あと、

・チャプターメニューが保存されない気がする。(トップメニューは保存される)
・フェードを掛けた後に限ってブロックノイズが入る。(マシン側かソフトの設定が原因?)
・1つのプロジェクトを閉じた後で、別のプロジェクトを開くとかなり重い。(物理メモリはかなり空いているにも関わらず。)

ってな感じでかなりイライラさせられるソフトでした。でも他のソフトも調べてみたんですが、機能としてはいろいろ出来て優秀だと思いました。操作性さえ良ければなー。

SV-AV100のMPEG2はそのままなら再エンコードなしでいけると思うのですが、フェード掛けたりしてるので再エンコードが必要になります。
そのエンコードに時間がかかること。やはり3年前に買った(しかも当時既に型落ち)マシンでは厳しいのかも知れません。orz

そうは言いつつパソコンは簡単に買い換えることも出来ないので、XPの高速化にチャレンジしたのでした。(つづく・・・かも)

液晶が赤い・・・。orz

メインマシン(A31)の液晶が起動時に赤くなるようになってしまいました。orz
どうやらバックライトの蛍光管かインバータと呼ばれる部品の劣化によって起こるみたいです。前のノートPCも突然バックライトが切れて、あたふたしました。
いつどこに修理に出そうか検討中です。痛いなー。

メインマシンはもう3年以上使ってますがまだまだ使えますし、とても新しいのを買うお金もないし。同等クラスのものを買おうと思えば30万円コース。orz
買い換えといえばVisual Studio 2005ではC++のIntelliSenceがテンプレートに対応したって話を聞いて、とても便利そうだと思ってはいるんですが、更新でPro版でも10万越えか・・・。無理。
開発者には厳しい現実・・・。orz
実は新しいデジカメも欲しくて、半年前くらいから計画してD200を買おうと思いつつ、何かと散財してお金が貯まらず買えなくて、そうこうしているうちにフジのS5Proに目移りしてデジカメ物欲は先送りしてたんですが・・・。

開発環境をリフレッシュするくらいのお金は何とかオンラインソフト自体で回収したいものですが、隠れ穴でやってる時からシェアウェアを作るって言ってたのに未だ作れず。・・・。どうせ作ってもそんなに売れないだろうしなー。実は『長押しIME2』は、シェアウェア『長押し(仮称)』を作ってる最中にとても忙しくなって、急遽予定変更で『長押しIME2』でとりあえずまとめたんですよね。そしたら自分的には『長押しIME2』で満足しちゃってやる気なくなっちゃった・・・。orz

独身の頃は自由にお金が使えて良かったなー。今は家族二人を養わないといけないですからね。まあ、結局は自分に甲斐性がないだけですが・・・。orz

長押しIME2の修正予定など

自分としては現状で結構満足できてるんですが、いくつかご要望をいただきましたので、それらに対応するかもしれません。

○IME変換中にスペースキーを押しっぱなしにすると、長押しが効いてしまうので困る。
→個人的にもごくたまですがスペースキーを押しっぱなしにしてしまうので、IME変換中の長押しを無効にするオプションを追加する方向で検討。変換中に長押しで確定&IMEのON/OFF切り替えができなくなりますが、私自身もこの操作を使ってないので。(^^;

○制限アプリとの切り替えがうまくいかないときがある。
→特に指摘はないですが、自分で使っていてそういうことがありました。調査予定。

○長押し判定から外すキーの指定ができるようにしてほしい。
→今のところ対応予定なし。要望が多いようでしたら検討します。

○シフトキーなしでCapsLock、アンダーバーの入力を無効にしたい
→これについて容赦なく効いてしまうことで不便に感じている人がいましたら状況を教えてください。

○デスクトップ上など文字が入力できないところでも、長押しが効いてしまい、IMEの変換ウィンドウが表示されてしまう。
→長押しIME2の仕様です。今のところは、長押しが効くと困るアプリ全体に制限をかけることになります。これも不便に感じている人がいましたら状況を教えてください。(長押しIME1では、Windowsの標準的なカーソルが表示されているかを判定し、長押しの有効・無効を切り替えていました。カーソルを検出できない場合でも長押しを有効にしたい際には、Alt+F1で登録することも出来ましたが、場所によっては登録しても長押しが効かないケースもあり得ました。)

捨てられないもの

仕事の合間で暇なので、部屋の押し入れの中のものを整理しました。周りが整理されてないと、何かとやる気も出ませんので。
私は、巨大なものを除いては売るときのことを考えて箱を取っておきます。その箱が溜まってくると置き場所が無くなるので、そうなる前に買ったら何かを捨てる(または売る)ように気をつけています。
今回も一通り調べてみるといらなくなったものがいくつか出てきました。

しかし、毎回要らないよなーと思いつつ捨てられないものがあります。

【PalmTop PC110の周辺機器、ソフトウェア】

もうぜんぜんPC110自体は触ってないですが、愛着があるので周辺機器とか書籍とか捨てられないんですよねー。

(1)パラレルポート接続のCD-ROMドライブ
→PC110にWindows3.1をインストールしたり、アプリをインストールするのに必要。そもそも今からPC110にWindows3.1を入れても役には立たないわけですが・・・。orz

(2)4MBコンパクトフラッシュ
→今となっては売っても安そう。珍しいので取ってある。当時は「スマートピコフラッシュ」と呼ばれていたようです。17,800円。(T-T)/

(3)16MB Type2 ATAフラッシュPCカード
→これより大容量のコンパクトフラッシュがゴロゴロしてますが、何となく捨てられず。orz
PC110に対してあんまり容量が多いのも味気ないのよね。
はるばる秋葉原まで買いに行きました。

(4)170MB Type3 ハードディスクPCカード
→こちらも秋葉原で購入。今となってはType3でこの容量って一体!?>って感じですが・・・。むしろType3って一体って感じなのかな?捨てられず。

(5)Newオーロラエース
→これはもう絶対に使わないだろ!って感じのワープロソフト。一時期、PC110がメインマシンで、Win3.1上で動作する軽いものってことでこれを使っていました。たしか結局は一太郎dash2にしたんだっけかな?
何となくパッケージが印象的で捨てられず。orz

(6)IBM版Windows 3.1
→箱がでかい。(T-T) でもWindowsってこんな時もあったんだって思い返すこともあるかもしれないので捨てられず。これをインストールするために、(1)を買った。う~ん、インストールすることがあるんだろうか・・・。今はPC110以外のノートPCがあるので、CD-ROMドライブが無くても大丈夫なのかなー?


あとは、MSDNで送られてきた大量のCD-ROM。何が要って何が要らないのか分別する気すら起きないほど大量。それに古いバージョンのソフトとかも何か捨てられないんですよねー。せっかく買ったのにという気持ちがあるんでしょうかね。まあ、これらはCDだけしか取ってないですけどね。

ご要望・不具合などについて

不具合については、コメント欄をご利用ください。
例えば『Dさんの長押しIME起動2』に関することであれば、該当バージョンのコメント欄にお願いします。
ご要望についても基本的には該当バージョンのコメント欄でお願いします。ただ、開発日記で特定の話題に触れるときがあります。その場合にはそちらに書き込んでいただいても構いません。
私自身、ブログでやるべきこととそうでないことの区分けがまだ上手くできていませんが、当面そのようにしたいと思っています。
書き込んでいただいたコメントについてはすべて読ませていただいております。全部に対してはコメントできない点、ご容赦ください。<(_ _)>

メールで送っていただいた方も、内容はすべて読ませていただいております。ただ前にも申しましたとおり、原則として個別に返信は行っておりません。特に氏名の記載がないメールに対しては、内容的に返信しようかなと思ったときでも返信しませんのでご承知ください。私はメールの書き出しをいつも「~様」で始めますが、出鼻をくじかれます。orz

T21故障

OSをクリーンインストールして自分のパソコンがスッキリすると、今度はうちの奥さんに譲ったThinkPad T21の方の不調が気になるようになりました。実はこのパソコン、起動時にビープ音が3回鳴ったり、時々タスクバーが消えたり、長く使っているとブルーバックになったりといかにも故障っぽい動きをしていましたが、自分の仕事には差し支えはないので、かれこれ1年くらい放っておいてありました。うちの奥さんもそういうところは神経質ではないので、気にはなってたみたいですが、「何とかして!」と言ってくることもありませんでした。自分が使ってるパソコンだったら一寸たりとも耐えられないな・・・。(^^;

タスクバーが消える件については奥さんに「『お忍びランチャー。』のせいじゃないの?」って疑われても否定はできませんでしたが・・・、orz
・・・が、他の人で同じ状態になっているのを聞いたことがなかったので、おそらく違うであろうと思っており、最初にメモリを疑いました。しかし、memtest86でテストしても結構問題なくパスしていきます。メモリを差し替えても起動時にビープ音が鳴るので、Webを検索してIBM(レノボ)のページを見てみると、ビープ音の鳴り方からしてシステムボードかLCDかメモリのいずれかとのことでした。いろいろ調べているとIBMのPC Doctorというツールを使うとT21の故障箇所の診断ができるとのことでしたので早速やってみました。するとイーサーネットとハードディスクでエラーが出ていました。(2カ所出たのは予想外でした。)イーサーネットの方はモデム機能と共にminiPCIで提供されていて、これを外すとビープ音が鳴らなくなりましたので、使ってないこともあって外しておくことにしました。ハードディスクについてはHD Tuneというツールを使って調べてみてもやはりダメージブロックが検出されましたので、以前A31で使用していたハードディスクにイメージをコピーして対処しました。タスクバーが消えるのは、何となくスタンバイから回復した後ではないかと感じられていたので、その際にハードディスクに待避された情報が正しく記録されず問題が発生していたのかもしれません。とりあえずしばらく様子を見ます。
今のところはお金がかかりそうもない障害で良かったです。システムボードの修理なんて高そうですし。旅行したばかりで余分なお金がないので・・・。orz

仕事のお客さんや他人の話では、ハードディスクが壊れたという話を聞きますが、自分が経験したことはなかったので、今回しみじみとバックアップは大事だなーと思いました。

開発環境など

私の使用しているマシンや開発で使用しているソフトウェアを紹介します。

【本体】
IBM ThinkPad A31(Pentium 4-M 1.8GHz、メモリ1GB、80GB HDD + 40GB HDD)
○IBMが好きで、PalmTop PC110、ThinkPad 240X、ThinkPad T21と使用してきました。昔は敢えてIBMのWindows3.1を購入したものです。IBMのThinkPadと言えばやはりキーボード。プログラムを組む人間にとってはキーボードはとても大切です。A31のキーボードは固さ、ストローク量ともに気に入っています。IBMの液晶は見栄えがしないものが多いですが、A31の私が使用しているモデルは良いものが使われているようです。仕事もプライベートもこれ1台でこなしています。ウルトラベイを使用してHDDを2台増設することもできますが、私は仕事専用のHDD1台を増設しています。Visual Studioもどんどん重くなっていきますし、写真の現像時にも非力感を感じますが、なにぶんお金に余裕がありませんので我慢我慢。贅沢を言えばキリがありません。むろんお金があれば欲しいですが・・・。orz
USBが1.1なのがこれまた残念な点ではあります・・・。orz

【ソフトウェア】
Visual Studio .NET 2003
○言わずと知れた開発ツールの定番・標準。お気に入りというよりは必須。

Visual Assist X
○取引先の尊敬すべきガーナ人のポールさんに教えてもらったVisual Studioのアシストツール。コーディングの手助けをしてくれます。結構高いですが、C++を組む時には特に威力を発揮している気がします。

MsgMapper
○これまたポールさんに教えてもらったVisual Studioのアシストツール。WTLのメッセージマップを作成するのに便利です。コピペですが、無いよりはずっとマシです。

Virtual PC 2004
○PCエミュレーター(?)。ホスト上に別のPC環境(ゲスト)を複数作り、動作させることができます。古いOSや開発の環境を構築したり、開発したソフトウェアをテストするのに使用しています。昔結構高いお金を払って買った気がするんですが、今は無料になっちゃいましたね。
ホストとゲスト、ゲストとゲストが通信できるので、システムコマンダーよりも便利で手軽に感じています。『長押しIME1』では、こいつのゲスト上でうまく動作できない部分があったので、それに対応するのが『長押しIME2』を開発した理由の1つです。ところで、2004 SP1でスタンバイするとゲストの画面が更新されなくなるのは不具合なのかなー?

ATOK2006
○私はDOS/Vの頃からATOKを使っているのでATOK贔屓。きっとATOKの方が良いと思う。今さら比べるほどの情熱もありませんが・・・。

Dさんの長押しIME起動2
○言わずと知れた・・・。orz
日本語と英語を混在させることが多いプログラマーには重宝する、長押しによるIMEのON/OFF切り替えツール。

Dさんの日本語On/Offかえ丸くん。
○IMEのON/OFFの自動化および、カーソル位置へのIME状態の表示。過去に一時的にα版を公開していた、『Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。』の後継。開発途中で忙しくなり頓挫。

お忍びランチャー。
○私自身の欲求をすべて満たすために開発したマウスの中ボタンで起動するランチャー。プログラムやフォルダへのアクセス性、操作性、登録の容易さを追求。さらにプログラマに(だけでなく多くの人にとっても)必要なWeb検索への素早いアクセスを提供。さらに中ボタンを利用してウィンドウの操作が可能。プログラマの人は、くれぐれも最大化ボタンが付いていないウィンドウを最大化したりして不具合だと他人を驚かせてはいけません。前身は知る人ぞ知る『Dさん壁際らんちゃ~。』。
私はVirtual PC 2004上でも使用。(^^)

お忍びリネーム。
○ファイル名の名前部分と拡張子部分を分けるツール。『Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。』にあって、作りかけの『Dさんの日本語On/Offかえ丸くん。』に無くて不便だったのでその部分だけ作成。右クリックメニューからファイル名などをコピーすることも可能。

復旧。(^^)/

ふぅ。何とか復旧できました。
システムコマンダーの仕業でした。
9割方の再インストール作業が終わったところで、パーティションサイズの調整をシステムコマンダー7の製品CD(インストール不要)を使って行おうとしたところ、「クロスリンクが何たらかんたら・・・で、chkdskしろ」と言われたのでchkdskしたんですが問題が見つからず、何度試しても駄目なのでWebで情報を検索したところ、アップデータを適用したら出来たという情報を見つけました。マルチブート機能は必要なかったんですが、仕方がないのでインストールを行いアップデートしてリサイズを試してみました。しかし結果は変わらず。すぐにアンインストールしました。
どうもこのインストール時に2台目のディスクのパーティションがシステムコマンダーによって非表示化されたようです。

システムコマンダーのOS毎のパーティション非表示処理ってのは、XPやパーティションコマンダーからでも表示や操作ができないようで、ファイルシステム内のファイルを見ることができなくなり焦りました。
データ復旧ソフト(フリーとかお試し版)でも見つけることができず、血の気が引きまくりました。情報を検索中、2chの「システムコマンダーで死ぬ思いにあった人」ってなスレを見つけましたが、まさにその中の一人となりました。(T-T)

パーティションのリサイズに際しては、費用をケチってフリーのを試してみましたが上手く行かず、これを使ったことでさらに問題の本質を見極めづらくなりました。しかも結局、パーティションコマンダー10をオンラインで購入してリサイズ。(^^;
わずか数秒。orz
ケチらずに最初から買えば良かった・・・。orz

ここ数年はVirtual PCの方が便利でシステムコマンダーを使っていなかったため、勘もすっかり働きませんでした。orz

3日もかかってしまいましたが、だいぶきれいに復旧してきました。
もう数年迷っていたことですが、この機会にATOK(一太郎)の新しいバージョンを購入してインストールしました。ATOK14→19となりました。
前からそれほど不満があったわけではなく、今のところ変換精度等の差を実感できませんが、何となく無理矢理XPで使ってる感はあったので、まあ良いかと思っています。

ああ、疲れた・・・。でも良かった・・・。
格闘すること6時間でした。orz

ちょっっっ・・・!!!やばっ!!!

OSを再インストールして9割方終わったと思って安心してたら、仕事用のハードディスクのファイルが読めないじゃないか!!!「フォーマットされていません」って・・・。orz
昨日の夜には読めてたはずなのに・・・。(T-T)
これはヤバい。マジでヤバい。
何をやらかしてしまったんだろう?システムコマンダー7での別ディスクのパーティションリサイズがうまく行かなくて、フリーのPartition Logicを試したときにシリンダー情報がおかしいので修正するかという変な事を聞かれて修正してしまったのがいけなかったのか!?

通常のファイルはバックアップを取った気がしてるんだけど、Virtual PCの仮想マシンたちが取ってない・・・。

とりあえず事態をより悪化させないために、パーティションごとコピーを実施中。今回の再インストールに関係ないディスクだったので油断してたと後悔するも後の祭り。現在マシン負荷、精神的負荷ともにハイレベル状態で書き込み・・・。

コピーが終わったら復元ソフトを試してみよう。orz
あと1時間もかかるらしい・・・。
現実逃避して「竜馬がゆく」の小説でも読んで待とうかな。今「池田屋の変」のところ。こっちも大変。

OS再インストール計画

今日は暇なのでOSを再インストールしようかと計画しています。OSの再インストールはかなり久しぶりなのでちょっと緊張します。Win2000やXPになってからはOSが安定しているため、98や95の頃のように頻繁に再インストールする必要が無くなりました。今回も特に何か調子が悪いわけではないんですが、多くのアプリをインストールしたりアンインストールしたりしてきていてスッキリしないので、データの整理も兼ねて再インストールをしようかと考えています。今、必要なデータをバックアップしているところですが、まだ微妙に決行すべきか迷っています。(^^;

OSの再インストールで注意すべきは、疲れているときにやらないことだと思います。必要なデータをうっかり消してしまって血の気が引いた事も何度かあります。

普段からアプリとデータは、できるだけパーティションやディスクで分離してあるのですが、疲れているとフォーマットするパーティションを間違えてしまう事もありますので注意が必要です。
Program Filesへのインストールが不要なアプリはデータ用のドライブに配置するようにもしています。こうしておけば、OS再インストール後にすぐに使えるようになります。最近の自作ソフトは、設定も初期化ファイルに持つようにしているので復旧が簡単です。レジストリの設定保存は難しいですから。

忙しさ一段落

昨日で仕事の忙しさは一段落。ちょうど良いタイミングで友人の二人目の子供が生まれて今日お祝いに行って来ました。
奥さんも赤ちゃんも元気そうで何よりでした。顔は・・・、やっぱりみんなそう変わらないな・・・。これから短い間にものすごい変化をするので面白いですね。

久しぶりにいろいろと話せて楽しかったです。(^^)

旅行疲れ

今日は私も奥さんもお疲れモードだったので、昼は外へ食べに行き、夜も簡単に作れるもので済ませました。もうすぐ1歳9ヶ月になる子供だけはあんなに歩き回ったのに元気で、子供の回復力はすごいなーと感心。

奥さんはだいぶお疲れの様子で、昼食時には子供を椅子に座らせるときに手提げ袋を天つゆのお椀に激突させてこぼしてしまい、店員と一緒に3人で片づけているときに、今度は座っている子供がお茶の入ったポットを倒してしまい床が水浸しに・・・。(T-T)

つ、疲れる・・・。orz
パパとママは疲れているから、世話を焼かせないでおくれ・・・。orz
いや、息子の目の前に倒すべき目標を置きっぱなしにした自分たち悪いんだけれども・・・。orz


昼過ぎから「たかじん」を見ていたんですが、猛烈な睡魔に襲われて寝てしまいました。

旅行で撮った写真の現像は終わり、自己満足のための旅行記も書きたいんですが、明日からも忙しいから書いてる暇なんてあるのかなー???(T-T)
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。