スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Realforce91

一週間ほど前にキーボードを買いました。打ちやすく疲れにくいと評判のRealforceです。送料込みで17,000円くらいでした。

Realforce91


見てください。このシンプルで美しい外観。惚れました。うちの奥さんに言ったら「・・・分かんない。地味だね。」って言われましたが・・・。(^^;
このキーボードに関する詳しいことはあちらこちらにお任せして、自分なりに気に入った点を挙げてみます。

● 見た目が美しい
かなり主観ですが・・・。

● コンパクト
テンキーが無い分、コンパクトになっています。そのスペースをマウスが使用できます。コンパクトなものに愛着を感じるタイプなので、テンキーが無いことはポイント高いです。

● キーによって重さが違う
Aとか小指で打つものは軽くなっているようです。私の場合、小指や薬指の押し込みが弱く、入力が反映されないときがあったのでありがたい配慮です。また、このキーボードは完全に押し込まなくても入力されるので、それも効いていると思います。

● 音がいい
文字のキーなどは押し込むと「しゅっ、しゅっ」てな空気が抜ける感じの音がします。そして、Enterキーは少し大きめの音がするのもリズムに乗れて良いですね。


キーボードは良いので、自分の基本がなってない正確さに欠けるブラインドタッチを少し改善できないかと考え始めました。そしたら今よりもさらに気持ちよく入力できそうです。(^^)
スポンサーサイト

MOS Master Volume Controller

久しぶりにデスクトップマシンがメインになりましたが、ThinkPadと違って特別なボタンが付いてない古い106キーボードなので音量調整がとても面倒なことに気がつきました。音はモニターのスピーカーから出ているので、通常ですとモニターの音量ボタンをチマチマと押すか、タスクトレイのスピーカーアイコンで調整するしかありません。

何か音量の調整をホットキーに割り当てられる良いソフトはないかと探してみると、MOS Master Volume Controllerというソフトを見つけました。使ってみたところ、フィーリングがバッチリ。私にしては珍しく一発で気に入りました。
私はミュートをテンキーの「/」、音量を上げるのを「*」、下げるのを「-」に割り当てることにしました。テンキーの演算キーは使っていないので。
ホットキーを押すと、画面中央に音量が%表示され、この表示はレイヤーウィンドウになっており、透過にすることができます。表示はとてもシンプルで好感が持てます。タスクトレイにはスピーカーのマークと音量の百分率の数字で構成されたアイコンが表示されており、ミュート時にはスピーカーのマークが禁止マークに変わります。タスクトレイアイコンのコンテキストメニューからオーディオプロパティにアクセスすることもでき、これは普通のスピーカーアイコンは要らないなーと思いました。

作者さんに感謝。


<9月4日追記>
結局ホットキーの割り当てをミュートをテンキーの「*」、音量を上げるのを「+」、下げるのを「-」としました。当初は「+」キーが他のキーよりも大きいのはどうかと思いましたが、それでも見た目が分かりやすいので。

開発環境など

私の使用しているマシンや開発で使用しているソフトウェアを紹介します。

【本体】
IBM ThinkPad A31(Pentium 4-M 1.8GHz、メモリ1GB、80GB HDD + 40GB HDD)
○IBMが好きで、PalmTop PC110、ThinkPad 240X、ThinkPad T21と使用してきました。昔は敢えてIBMのWindows3.1を購入したものです。IBMのThinkPadと言えばやはりキーボード。プログラムを組む人間にとってはキーボードはとても大切です。A31のキーボードは固さ、ストローク量ともに気に入っています。IBMの液晶は見栄えがしないものが多いですが、A31の私が使用しているモデルは良いものが使われているようです。仕事もプライベートもこれ1台でこなしています。ウルトラベイを使用してHDDを2台増設することもできますが、私は仕事専用のHDD1台を増設しています。Visual Studioもどんどん重くなっていきますし、写真の現像時にも非力感を感じますが、なにぶんお金に余裕がありませんので我慢我慢。贅沢を言えばキリがありません。むろんお金があれば欲しいですが・・・。orz
USBが1.1なのがこれまた残念な点ではあります・・・。orz

【ソフトウェア】
Visual Studio .NET 2003
○言わずと知れた開発ツールの定番・標準。お気に入りというよりは必須。

Visual Assist X
○取引先の尊敬すべきガーナ人のポールさんに教えてもらったVisual Studioのアシストツール。コーディングの手助けをしてくれます。結構高いですが、C++を組む時には特に威力を発揮している気がします。

MsgMapper
○これまたポールさんに教えてもらったVisual Studioのアシストツール。WTLのメッセージマップを作成するのに便利です。コピペですが、無いよりはずっとマシです。

Virtual PC 2004
○PCエミュレーター(?)。ホスト上に別のPC環境(ゲスト)を複数作り、動作させることができます。古いOSや開発の環境を構築したり、開発したソフトウェアをテストするのに使用しています。昔結構高いお金を払って買った気がするんですが、今は無料になっちゃいましたね。
ホストとゲスト、ゲストとゲストが通信できるので、システムコマンダーよりも便利で手軽に感じています。『長押しIME1』では、こいつのゲスト上でうまく動作できない部分があったので、それに対応するのが『長押しIME2』を開発した理由の1つです。ところで、2004 SP1でスタンバイするとゲストの画面が更新されなくなるのは不具合なのかなー?

ATOK2006
○私はDOS/Vの頃からATOKを使っているのでATOK贔屓。きっとATOKの方が良いと思う。今さら比べるほどの情熱もありませんが・・・。

Dさんの長押しIME起動2
○言わずと知れた・・・。orz
日本語と英語を混在させることが多いプログラマーには重宝する、長押しによるIMEのON/OFF切り替えツール。

Dさんの日本語On/Offかえ丸くん。
○IMEのON/OFFの自動化および、カーソル位置へのIME状態の表示。過去に一時的にα版を公開していた、『Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。』の後継。開発途中で忙しくなり頓挫。

お忍びランチャー。
○私自身の欲求をすべて満たすために開発したマウスの中ボタンで起動するランチャー。プログラムやフォルダへのアクセス性、操作性、登録の容易さを追求。さらにプログラマに(だけでなく多くの人にとっても)必要なWeb検索への素早いアクセスを提供。さらに中ボタンを利用してウィンドウの操作が可能。プログラマの人は、くれぐれも最大化ボタンが付いていないウィンドウを最大化したりして不具合だと他人を驚かせてはいけません。前身は知る人ぞ知る『Dさん壁際らんちゃ~。』。
私はVirtual PC 2004上でも使用。(^^)

お忍びリネーム。
○ファイル名の名前部分と拡張子部分を分けるツール。『Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。』にあって、作りかけの『Dさんの日本語On/Offかえ丸くん。』に無くて不便だったのでその部分だけ作成。右クリックメニューからファイル名などをコピーすることも可能。

世界を使いやすくする仕事

今日は新しい仕事の打ち合わせでした。仕事をいただけるというのは本当にありがたい事です。お金を頂いて仕事をさせていただいているわけですから、その価値が無くなってしまえば当然仕事も無くなってしまうでしょう。お金を稼ぐって本当に大変です。

私の場合、仕事を始めるより以前に趣味でプログラムを組み、オンラインソフトウェア作家活動を行ってきました。そこで勉強してきたことが何とか今日仕事を頂いて生活できていることにつながっているのだと考えています。最近では、インターネットで多くのプログラミングに関する情報が得られますが、10年程前まではやはり本に頼る部分が大きかったと思いますし、現在においても体系的に勉強するには本が向いているのではないでしょうか。
高校生の時、たった1冊の本を東京や名古屋まで探しに行ったものでした。実は私はプログラミング本を集めるのが趣味なんです。読む事よりも。(^^; 最近は節約に努めているので全然買ってないですが・・・。
↓今までに仕事用以外で自分で買った本です。
本棚の写真

まあ、集めるのが趣味って言っても並んだ本を見てニヤニヤしてる訳じゃないですけどね。本って無くなってしまいますから、自分が必要になった時に手に入らないって事が結構あったんですね。それで確保する意味もあって。

「・・・読者はプログラマであり、ソフトウェアエンジニアである。そして、エンジニアは、世界を使いやすくするという難しい(しかし、満足感のある)仕事に携わる人である。読者は、人々を目的地に近づける道や橋を作ろうとしているが、それらの構造物は、丈夫でしっかりしていなければならない。」
(プログラミングWindows95初版・第1章冒頭より抜粋)

もう何年も前に買った本で、正直、分厚い割には特別な思い入れは無いんですが、この冒頭の部分だけは私の心の奥に残っています。
つい、日々の忙しさや慣れや甘えから初心を忘れてしまいがちですが、自分が作ったオンラインソフトによって、少しでも皆さんの世界が使いやすくなればいいなと思っています。(忘れてましたが今日改めて思いました。)

今後も心に残った本や自分にとって分かりやすかった本を紹介できればと思います。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグ

カメラ GH2 GH3 

ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
●オンラインソフト作家。しかし長らく活動休止中。
ソフトウェア

●Dさんの長押しIME起動2
●IME+ (仮称)

・Dさんの長押しIME起動。
・Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
・Dさんの名前変更お手伝い。
・Dさんのダイヤルアップ接続お手伝い。
・DさんのWindows終了お手伝い。

・お忍びランチャー。
・お忍びリネーム。
・デジくいっくサーチ!
・Simple Remote
・計算王?

※過去の開発ソフトの一部はリンク先からダウンロードできます。

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。